堀内裕一朗について

おり内裕一朗について

堀内裕一朗について

略歴

南山大学大学院卒。1996年、株式会社NTTドコモに入社。
沢山のお客様及びステークホルダーとの出会いを通じてコミュニケーションの大切さを体感。
また、経営戦略に関する大きな関心を持つ。1998年には、エネルギー関連企業に転職。
代表取締役副社長として、経営戦略及び人事を所掌。
従業員800名とのコミュニケーションを通じながら数々の新事業を成功へと導き、売上高200億円を達成。
会社を業界トップ企業へと導く。 2010年にMBA取得後、L&Dコミュニケーションズ株式会社を設立。
現在は人材教育コンサルティング業務をはじめ、ビジネスインストラクター、名古屋就職塾 塾長として活動中。
「話し方講座」、「コミュニケーション講座」、「話し方で人生が変わる」など、全国で講演活動を行っている。

技術と社会のイノベーションを推進するためのリーダー育成プログラム
「Nissan Leadership Program for Innovative Engineers」 選出メンバー。

過去写真800人を動かしてきた考え方

私は社員800人を動かしていた時に、社員や自分に言い聞かせていたことは、次の「行動力基本動作10ヶ条」です。
この10ヶ条で社員を引っ張ってきました。どの組織でも、一番初めにルールを破るのは常にトップです。
だから自分自身に甘えないためにも、自分にこれを言い聞かせ、社員と共に共通の言葉を使いながら800人を動かしました。

第一条: ぐずぐずと始めるな、時間厳守、行動5分前には所定の場所で、仕事の準備と心の準備を整えて待機せよ。
第二条: 行動に当たっては短期間に最高の成果を上げる事を心に誓え。そして心の中に達成意欲がメラメラと燃えるまでは決して
行動に移ってはならない。 「やってやるぞー」と一声叫べ。
第三条: 指示を受けたら大きな声で「ハイ」と返事をし、ただちに取りかかること。
いったん行動を開始したのちは猟犬の如く忠実に、キツネの如く賢く、そしてライオンの如く勇猛に。
第四条: はじめに結果の報告書を作成し、仕事の進行と共に空欄を埋めて行け。これを企画という。
第五条: 行うべき作業を列記し、項目に優先順位を記せ。
第六条: 行動は敏速を旨とす。このためには動作はきびきびと、言語は簡潔明瞭に、てきぱきと進めよ。
第七条: 質問されたら全員即座に手をあげ、指名された者は簡潔明瞭に答えること。
わからない場合はわからない旨はっきり答えよ。
第八条: いかなる困難に直面しても目的を放棄せず、時が深更に及ぼうとも、最後までやり遂げる不退転の強い意志を持て。
第九条: 行動の価値を決定するのは、所要時間と結果のよし悪しである。最も短い時間で最良の結果を得られるよう常に手順・方法を工夫改善し、昨日より今日・今日より明日と、時間の短縮と結果の向上を図れ。
第十条: 行動は命令者への結果報告によって完了する。やりっぱなしは何もしないよりまだ悪い。報告及び事後処理を完璧にやれ。

お問い合わせ・資料請求